漫画やイラストで「バズる」ことへの憧れ

お絵かき

こんにちは、ひまりです。

さっきフォローしてる同ジャンルの方が漫画でバズっているのを見て「いいなぁ」と思ってる自分に気づきました。

でもここでふと「んん?なんで羨ましんだろう?」と不思議に思ったので整理してみます。

バズってる人がどうして羨ましいか考えてみた

たくさんの人に「いいね」って言われること

言われてみたい!

「自分が好きで描いているんだからそれでいいじゃん!」とも思います。

それでもやっぱり好きで描いたものを「あなたの絵好き!」「面白い!」ってたくさんの人に共感してもらえたらもっと嬉しいと思うんです。

自分の認知度が上がること

より多くの人に知ってもらうことで、今後もっと多くの人に自分の漫画や絵を見てもらえます。これもうらやましいことのひとつ!

「本当に心に響く作品なら自然と拡散されるんじゃ?」という意見もあると思います。

これに関しては「自然と拡散されることもあるし、されないこともある」と考えてます。

音楽、絵、小説…日の目を見なかった名作(になったであろう作品)などこれまでたくさんあったはずです。ゴッホだって生前評価されなかったですしね…。

例えば進撃の巨人、ジャンプに持ち込んで断られた話がありますが、「じゃあ今度はマガジンだ!」と別の人に見てもらったから日の目を見ました。

つまり多くの人に見てもらえばもらうほど誰かに響く可能性が増えるのです。

自分の絵や漫画を見て共感してくれる人がどこかにきっといて、バズることでその人に会えたならすごく嬉しいことです。(どこかにいるはずなんだ…!)

「バズる」ことへの不安もある

変なリプがつくかもしれない

バズる前から心配してどうするんだって感じですけども。

今までバズったツイートいくつも見てきましたが、RT数やいいねの数が多ければ多いほど、変なリプライがついています。

バズったツイートに悪質な画像を貼るという嫌がらせも。やだな!

新規フォロワーさんが過剰に期待するかもしれない

いや、本当バズる前から心配(略)…なんですけど!

でも「この人はさっきのバズったツイートみたいに面白い絵や漫画を描く人だ」って思われたらプレッシャー…!!

まぁ本当に合う人はフォローし続けてくれるでしょうし、そうじゃない人とはお別れするだけの話ですが…

ツイッター始めて2年ほどですが、正直フォロワーさんか減るのに未だ慣れません。悲しい。

ですがどなたかのツイートで

「フォロワーが減るのはアカウントが最適化されてる証拠」=自分の価値観とあった人だけが残ってる

という言葉を見て、前よりはお別れにも慣れました。

まじめに書いてますけどこれ「バズってフォロワーさん増えたら」という架空の話です。

そもそも「いいね」は多いほどいいのか?

1つの「いいね」の価値は、1000の「いいね」に負けるのでしょうか?

そんなことはないはずです。

価値は測るものではなく、自分で決めるものだからです。

1つの「いいね」=1000の「いいね」

という等式の人もいるはずです。

…とも思うんですけども私の場合はこう!

例えるなら「いいね」は一輪のバラを一人ひとりからもらうような感じ

一輪だけならグラスにさして楽しめる。

もし数千人から一輪ずつバラもらったらめっちゃでかい花束にして楽しむ。

つまり私は花束になったバラも一度は見てみたいのです!

まとめ

最後あたりフラワーになりましたが、まとめると「控えめにバズりたい」が本音です。

でもバズるために絵を描いているといつか苦しくなりそう。

だから好きなものをどんどん描いて、それがいつかバズったらいいなというぐらいで!

 

スポンサーリンク