【iPhone】カスタムキャストで録画してツイッターやYoutubeに動画投稿する方法

アプリ
カスタムキャスト

カスタムキャスト

DWANGO Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

 

好みの3Dキャラクター(アバター)を作成して動画配信できるスマホアプリ「カスタムキャスト」。

配信開始から1ヶ月になりますが

「どんな風に使えばいいかわからない」

「ライブ配信はちょっと…」

という声もちらほら聞きます。

 

今回はiPhoneユーザーの方向けに

「カスタムキャストで動くアバターを録画する方法」

こちらをお伝えしたいと思います。

 

▼実際にiPhoneで録画した動画がこちら

いったん録画してiPhoneに保存すれば、あとは通常の動画と同じようにツイッターやインスタグラムなどのSNSに投稿したり、Youtubeに投稿したりすることができます。

ぜひ気軽に試してみてください。

今回ご紹介する方法はiPhoneユーザーの方向けです。

スポンサーリンク

iPhoneで画面の録画ができるよう設定する

まずはじめに、iPhoneの「画面収録」という機能を設定する必要があります。

次の手順に従って設定してください。

1.iPhoneの設定画面を開き、「コントロールセンター」を選択する

 

2.「コントロールをカスタマイズ」を選択する

3.下の方にある「画面収録」を選択する

4.すると次のように追加される

5.コントロールセンターを開き、画面収録のボタンが追加されていればOK!

スポンサーリンク

2.カスタムキャストを録画する

事前準備

なにはともあれアバターが必要です。
カスタムキャストのトップ画面→カスタマイズからアバターを作成、用意してください。

それでは実際にカスタムキャストで録画してみましよう!

1.配信モードで録画スタンバイする

配信モードで録画ができる状態にします。

トップ画面の配信ボタンを押し、設定をしながら次に進んでいきます。

フリック動作の設定まで終われば準備完了です!

 

リップシンンクとフリックについて

リップシンクとフリックについて、アプリの公式ヘルプの画像を引用しました。

特にフリックでアバターを動かすととても面白いので、積極的に使っていきましょう!

リップシンクとは

 

フリックとは

 

2.録画を開始する

いよいよ録画にはいります!

①先ほどの画面(準備完了の状態)から…

②コントロールセンターを表示します。

 

③画面収録ボタンを「ぐっ」と押し込むと、次の画面が表示されます。

④「カメラロール」を選択します。

⑤マイクをオンにします。(オンにしないと声を収録できません)

⑥最後に「画面収録」ボタンを押すと、3秒後に録画が開始されます。

ここから録画スタートです!

画面収録中は通知も含めて録画されます。
表示させたくない場合は「おやすみモード」を有効にすると、通知が表示されるのを防げます。

 

3.録画を終了する

録画を終了するときは、コントロールセンターの画面収録ボタンを押せばOK!

録画終了後、自動的に動画がカメラロールに保存されます。

カスタムキャストの動画をツイッターやYoutubeに投稿する

画面収録で録画した動画は、通常の動画と同じように投稿することができます。

▼ツイッターに動画投稿する方法

 

▼Youtubeに動画投稿する方法(スマホアプリから)

画面収録の場合、どうしても最後にコントロールセンターを開くシーンが録画されてしまいます。ここをカットしたい場合は、カメラロール→「編集」からトリミングするといいでしょう。

まとめ

カスタムキャストの動画を投稿する際は、iPhoneの「画面収録」を利用しましょう。

画面収録のボタンを「ぐっ」と押し込むところがコツです。

配信にくらべて録画だと自分のペースで収録できるのでとってもオススメ!

ぜひこれを機に、動画投稿にチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク